当財団の活動理念

Our principles

世界とシンクロする

Artist

アーティストの職業化

当財団はこれまで、日本の一般層から世界の王族皇族まで広くのお客様から、多くのアートをオーダーをいただき、製作納品してまいりました。「アート」という常に人の在り方を創り続ける世界には、多くのビジネスチャンスがあり、当財団でも実際に創設初年度で数十億円という経済規模を生み出しました。

当財団は、そうして生まれる経済効果をどのように社会貢献に使っていけるかを協議・活動を行い、そこを切り開くアーティストには、これまでの冷遇された報酬体系ではなく、世界を切り開くにしっかり見合った報酬が得られるような活動を行なっています。

Art community

世界一のアートコミュニティーを作る

どのようなコミュニティが世界一なのか。我々は”世界一がたくさん集まる場所”だと考えています。
人はそれぞれ、作りたい、守りたい、唯一の世界を必ず持っています。
それを実現していくコミュニティ。その為にはみんな自由でなくてはいけない。
「芸術は爆発だ(Art is an explosion.)」とはよく言ったものです。芸術というものが何かに関わると、そこに関わる人達を「何でもできるんだ!」と爆発させ、関わったものの社会的立ち位置も経済効果も爆発していき、そのアクションは新しい時代を創ります。

我々は、モノを作る人のことをアーティストと呼ぶのではなく、「時代を創る人のことをアーティストと呼ぶ」と考えています。我々はシンクロアートを通して、皆さんにアーティストになってもらいたい。つまり、自由になってもらいたいと考えているのです。

大地Sakamoto

Founder of the Synchroart Organization

一般財団法人 全世界シンクロ・アート財団
理事長
総合芸術家

1989年2月24日生まれ。男子シンクロウォーターボーイズ出演の経験を機に芸術大学に進学。23歳で独立後、テレビ局3局のレギュラー番組、アルタビジョン放映映像などを製作。エンターテインメント・ショーの監督としても、数百名のアーティストを束ね国内2000人規模、年一度、ラスベガスやマカオなどで海外公演を実現。他、デザインや楽曲制作、着物や伝統工芸など、あらゆる製作にチャレンジ。しかし個人で8桁の負債を背負う。そんな中、様々な恩師と出逢い、Synchro Artが生まれて、アートの真髄を知る。アートの真髄、それは「一瞬で新しい世界に連れていってくれること」変化は一瞬だった。クリントン米大統領や世界の王族皇族からオーダーされるアートをプロデュースし、ギャラリー開設初月から2000万円もの売り上げ記録を打ち立て、以降、右肩上がりで伸びている。「アートは所有者を豊かにして、初めてアートになる」
という自身の哲学に徹し、所有者が輝くためのアートプロジェクトに注力。現在は、一般財団法人 全世界シンクロ・アート財団を設立し、社会貢献、世界貢献、そして具体的な豊かさに特化したアートコミュニティを世界に広げながら、出逢う人々の生き様との奇跡を毎日感じながら生まれる新しいアートの創作に魅了されている。

お問い合わせはこちら

info@synchroart.or.jp